顔汗

顔汗

顔汗がひどいと周りの目も気になっちゃいますよね。

顔汗 > 顔汗

顔汗がひどい

 顔汗は服で隠すこともできませんし、女性の場合であれば化粧崩れの原因にもなりますので、嫌なものです。周りは誰も汗をかいていないのに、1人だけ顔汗がひどい場合などは恥ずかしくなってしまいますね。

 私たちが顔に汗をかく理由は大きく3つあります。まずは肥満です。皮下脂肪が厚くなると身体に熱がこもりやすくなるため、顔だけに限らず、全身によく汗をかくと言われています。

 次に顔以外の部分の汗腺が休眠しているケースがあります。冷房などで汗をかくことが少なくなると、汗腺の機能が弱まってしまいます。特に心臓から遠く、冷えやすい下半身の汗腺は、汗を分泌する機会を失い休眠状態になってしまうのです。そうなると、体温調節のために汗の分泌が必要なときでも、下半身の汗腺は機能せず、普段から機能している顔の汗腺からばかり汗が出るようになります。

 最後は病気のケースです。外気温に関わらず、また運動をしてもいないのに汗を大量にかく場合は、多汗症という病気が疑われますので、基本的には薬の力で抑えるなどの治療が必要になります。

顔汗 かかない方法

 それぞれの原因に合った顔汗を止める方法ですが、まず肥満の場合は残念ながら痩せるしかありません。汗腺が休眠している場合は、有酸素運動をする、手足を温めるなど、汗腺を強制的に働かせることで、眠っていた機能を復活させることができます。

 多汗症の場合は、制汗剤などによって抑えることになりますが、顔の皮膚は特にデリーケートであり、副作用などがあったら大変です。脇、手、足用のものでは刺激が強すぎますので、やはり顔には専用の制汗剤を使うのがベスト。今まで顔専用のものはありませんでしたが、日本で初めて顔専用の制汗剤が発売されましたよ。

サラフェ

 

サラフェの公式サイトはこちら >>

顔汗でお悩みなら、顔汗用の制汗剤を!

日本初の顔用制汗ジェルです。
■ 顔汗を速攻ブロックし、サラサラを1日中キープ。
■ 和漢シャクヤクエキス配合で、女性特有のバランスを整えます。
■ 皮脂を抑えてテカリもブロック。
■ メイク前が基本ですが、メイクの上からでもOK。
■ 洗顔フォームで洗うだけで簡単にオフ。
■ 薬用(医薬部外品)なので安心です。

サラフェの公式サイトはこちら >>

 

顔汗 止める

 顔汗を止めるその他の方法として、首や脇など太い血管が通っている部分を冷やす、副交感神経を働かせるためにリラックスするというのがありますが、これは出来る環境にいる場合のみの対応策になります。

 また皮膚圧半側発汗現象を利用する方法があります。これは片方の脇を圧迫すると反射的に反対側の顔の汗が止まるという現象を利用したもので、舞妓さんが利用している方法です。顔汗をかいている舞妓さんがいないことが、効果的な方法であることを証明しています。

 このような便利なベルトが発売されていますので、利用するとよいようです。ただし、身体全体の発汗量を減らすことはできないので、顔の代わりに胸から下の部分でたくさん発汗することには注意してください。

汗止め帯 レースタイプ ピンク S[汗取り帯(汗止め帯)]【送料無料】

顔汗 トップへ戻る

Copyright 2016 © 顔汗 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner